自分に起こる頭痛の2つの原因

頭痛 原因と対策を知って体質改善!

はじめに

頭痛が起こると、

zutuu01.png

「ひょっとして脳に異常があるのかも?」と、不安になる事があるかもしれません。
しかし実際は、緊急を要するような ”急性頭痛” は少くて、生命には関わらないような ”慢性頭痛” がほとんどなのです。
ココでは、それらの頭痛の原因と、正しい改善方法をお伝えします。

頭痛予防・改善のための
正しいライフスタイル


  • 生活
  •  ゆとりのある生活スケジュールで、心身ともに上手にストレスをコントロール

  • 食事
  •  人によっては、チョコレートや赤ワインなどは頭痛を誘因させる食べ物なので控える

  • その他
  •  長時間の不自然な姿勢を避け、筋肉をリラックスさせる

頭痛予防

頭痛の種類


頭痛は主に”急性頭痛”と”慢性頭痛”に分けられます。どんな痛みかによって、頭痛の原因をある程度は知る事ができます。

  • 急性頭痛
  •  脳出血やクモ膜下出血などの脳の病気や、眼の病気が原因で起こる頭痛。

  • 慢性頭痛
  •  脳の検査をしても異常はないのに痛む、所謂『頭痛持ちの頭痛』の事です。

頭痛の種類

ご家族の方へ

頭痛の多くは生活習慣と深い関わりがあります。騒音や人混みなども含め、ストレスを溜めない様に、心身ともに余裕を持った生活を心がけましょう。
また、経験した事のないほどの激しい痛みの時には無理をせず、すぐに病院へ行かせるようにしましょう!


家庭の医療

ほとんどの頭痛は、生活習慣と関係があります。頭痛についてどの程度の知識があるかチェックしてみましょう!

>>>セルフメディケーション クイズへGo!

N.H.R頭痛解消法

「頭痛の痛みを取り除くのは簡単です。」 日本頭痛学会名誉会員・朝倉教授ご推薦!薬を使わずに頭痛を治す
【〜誰も知らなかった頭痛の治し方〜N.H.R頭痛解消法】
片頭痛解消法
Sponsored Link

自分に起こる頭痛の2つの原因

最近、大きな頭痛はあまりありませんが軽い物なら時々あります。
原因がわからず悶々とした日々がありましたが自分の生活を見つめなおすことで大半が解決できました。

尚、頭痛のほかにひどい首こり、肩こりもあるので脳神経センターというところで頭部MRIを数年前にとりました。その結果大きな異常はありませんでした。
検査結果は日々変わるので数年前が正常だから今大丈夫とは言い切れませんが早急にどうにかしなくてはいけないという事はないと思っています。

自分では2種類の頭痛とその原因があると思っています。

寝起き編
朝起きたときの軽い頭痛と朝起きるときの不快感は何年も前からありました。
この軽い頭痛は数日間から数週間続き、また何か月後かに痛くなるということが特徴です。

何年も前に姉からいびきがすごいと指摘されて検査を受けた結果、睡眠時無呼吸症候群と指摘されてシーパップ治療を受けることになりました。
シーパップとは鼻にマスクをつけて気道を広げて寝る方法です。

これにより朝起きた時の不快感はほとんど軽減されるようになりましたが、軽い頭痛は時折起こります。
治療する必要があるのかないのか、考えられる原因は何なのかいろいろ思いめぐらせました。ネットで朝起きた時の頭痛を検索しました。重い病気から軽い症状までいろいろありましたが目に着いたのが「疲労」という言葉です。
頭痛が起きるときの行動を振り返ってみると頻繁に出かけているのに気付きました。
シッカリ寝たようで実は十分疲労感が回復していないのではないか?と思いなるべく早めに就寝するようにしました。
また日中も買い物程度に出かける用事を減らして家事程度の行動にとどめました。

その結果、次第に朝起きた時の頭痛は軽減されました。時々朝頭痛は起きますがそんなに気にしないようにして、体の疲労のサインだと思っています。

パソコン編
年末にパソコンの入力作業をすることがあり、その後から割と激しい頭痛とめまいが起きるようになりました。これは明らかに異常だと思いかかりつけの医者に相談しました。

「パソコンを朝9時から夜12時までやっていたら具合が悪くなって・・・」
「それはやり過ぎでしょう。途中で休憩したらいいよ。美術展でも見に行ったらいいのに」
「重篤な状態ではないって事ですか?」
「大丈夫」

自分の行動を反省するとともにパソコンの下の時間を注視し、50分やったら10分は必ず休憩するようにしました。
また一日一回は必ずラジオ体操をするようにしました。

この努力のおかげで頭痛とめまいから解放されました。
今でもパソコンに熱中しすぎると調子が悪くなります。要注意です。

Sponsored Link

覚えておきたい記事があれば、ブックマークしておきましょう!

自分のPCじゃなくても その記事がすぐに開けて便利ですよ♪

Google検索

サブコンテンツ

ブログランキング